図書館 利用案内

 


HOME
 


はじめに  利用の仕方  館内資料について  資料の探し方

相互貸借サービス
    学内データベース

ラーニング広場          横浜分室


はじめに

■ 開館時間

 月曜日~金曜日 9:00~21:00
 *各季休暇中および臨時の変更についてはそのつど掲示します。

■ 休館日

 土曜日・日曜日・祝祭日
 *各季休暇中および臨時の閉館についてはそのつど掲示します。

■ 利用資格と入館方法

 本学の教職員・学生
  自由に入館いただけます。

 卒業生
  入館時カウンターにて「図書館利用申込書」にご記入後、館内利用証をお渡ししますので、
  身につけてからご利用ください。
  *貸出希望の場合は、住所が確認できるものをお持ちください。
   (年度ごとに確認させていただきます)

 横須賀市歯科医師会・日本歯科医師会・横須賀市医師会会員の方
  入館時カウンターにて各歯科医師会の会員証をご提示ください。
  「図書館利用申込書」にご記入後、館内利用証をお渡ししますので、身につけてから
  ご利用ください。
  *貸出希望の場合は、住所が確認できるものをお持ちください。
   (年度ごとに確認させていただきます)
  *利用時間は9:00-17:00までとなります。

 神奈川県内大学図書館共通閲覧証をお持ちの方
  入館時カウンターにて共通閲覧証とご所属の大学の身分証をご提示ください。
  「図書館利用申込書」にご記入後、館内利用証をお渡ししますので、身につけてから
  ご利用ください。
  *閲覧・コピーのみの利用となります。
  *利用時間は9:00-17:00までとなります。

 他大学の図書館からの紹介状をお持ちの方
  入館時カウンターにて紹介状とご所属の大学の身分証をご提示ください。
  「図書館利用申込書」にご記入後、館内利用証をお渡ししますので、身につけてから
  ご利用ください。
  *閲覧・コピーのみの利用となります。
  *利用時間は9:00-17:00までとなります。

 館長が許可した方

  事前に提出していただいた「図書館利用申請書」の内容に基づいた形でのご利用となります。
  入館時カウンターにて「図書館利用申込書」にご記入後、館内利用証をお渡ししますので、
  身につけてからご利用ください。


■ 蔵書構成(平成29年3月31日現在)

単行書
製本雑誌
雑誌種数
視聴覚資料
 電子ジャーナル
69,548
22,368
 807(継258
   1,771
20,800
46,355
1,187(継 82
    3,673 
合計
90,348
 68,723
 1,994(継340)種
5,376点
5,444点 

※閲覧席:210席


利用の仕方

■ 館内閲覧

 館内の資料は自由に手に取って利用できます。

■ 貸出

 資料の貸出には、図書館利用者カード(教職員・研究生・研修医・見学生・卒業生)、
 または学生証(学生)の何れかが必要です。
 借りたい資料と一緒にカウンターまでお持ちください。

  ※図書館利用者カードをお持ちでない方は、カウンターで発行します。
    卒業生の方は、住所が確認できるものをお持ちください。

 図書

 教職員・大学院生・・・10冊まで(期間は2週間)
 学生・卒業生・・・・・・・・5冊まで(期間は2週間)

 視聴覚資料

 教職員・大学院生・・・10点まで(期間は1週間)
 学生・・・・・・・・・・・・・・・5点まで(期間は1週間)
  ※貸出は学内者のみ可

 製本雑誌(バックナンバー)

 教職員・大学院生・・・10冊まで(期間は翌日まで)

 未製本雑誌

 教職員・大学院生・・・10冊まで(期間は翌日まで)
  ※学生は2階の情報・語学系雑誌のみ可(期間は翌日まで)

 貸出期間の延長

  引き続き借りたい時は、返却期限内で、予約がない限り、1回の延長ができます。

 予約

  希望の資料が貸出中の時は予約ができます。資料が返却され次第、連絡しますので、
  3日以内に貸出の手続きをしてください。

 延滞の罰則

  返却が遅れた場合、貸出を受けられなくなる場合があります。

 館外貸出できないもの

  「禁」印のあるもの、参考書・禁帯出・館内ラベルが貼ってあるもの、貴重書については
  館内で閲覧してください。

■ 図書の返却

 カウンターに返却してください。返却期限は厳守してください。図書館が閉まっている時は、
 玄関横の返却ポストを利用してください。ただし、視聴覚資料は破損する恐れがあります
 ので、返却ポストには絶対に入れないでください。

■ e-learning室(閲覧室)

 歯学部学生対象。
 
自己学修へのサポートを目的として、1号館3階で提供されているものと同じe-learning
 専用の端末が設置されています。
 ポータルサイトのIDとパスワード、イヤホンがあれば自由に利用できます。
 ただし、録画・録音は厳禁です。
 
また、補完学修・追加履修のための視聴はできません。

研究者用個室

 教員・大学院生対象。
 1階カウンターで申し込んでください。

■ 視聴覚個室(一人用)

 学生・教職員対象。
 図書館所蔵のビデオ、LD、DVDを見ることができます。1階カウンターで申し込んでください。

■ 複写機

 図書館の資料に限り、著作権法の範囲内で複写することができます。ノート・プリント類
 のコピーはできません。利用の際は、備付の「複写申込用紙」に必要事項を記入して下
 さい。料金は1枚10円、カラー1枚50円で、硬貨以外に千円札も使用できます。

 ※著作権法の範囲内
  1.著作物は全部ではなく一部であること
  2.定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部であるが、発行後相当
    の期間を経たもの(次号が既刊となったもの、または発行後3ヶ月を経たもの、等)
    に限ること
  3.コピーの部数は一人について一部のみであること
  4.利用者の調査研究のためであること
  5.有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと


館内資料について

(1階)フロア見取り図へ

●単行書・参考図書・AV資料
●カウンター
●コピー機1台
●貴重書展示コーナー
●新着図書コーナー
●蔵書検索用パソコン1台
●セミナー室
●閲覧席

 ・参考図書
   百科事典・辞書・便覧・年鑑・統計等のことで、一般の図書と区別して別置してありま
   す(館外貸出はできません)。
 ・新着図書
   新しく購入した本はできるだけ皆さんの目に触れるように、カウンター横の新着図書
   コーナーに配架します(約1ヵ月)。
 ・AV資料
   ビデオ、LD、CD、カセットテープ、DVDなどの視聴覚(Audio-Visual)資料のことです。

(2階)フロア見取り図へ

●閲覧席、e-learning室(閲覧室)
●研究者用個室
●AV用個室
●利用者用パソコン15台
●貴重書
●一般新聞
情報・語学系雑誌

 ブラウジングコーナー、e-learning室(閲覧室)、研究者用個室、AV用個室、美術等の
 大型本等があります。
 また、ブラウジングコーナーには新聞や雑誌、旅行ガイド等が置いてあります。

 ・新聞
   朝日・毎日・読売・神奈川新聞があります(科学新聞・医学・歯学系の専門紙は3階)。
 ・語学・教養雑誌
   ここにある語学・教養系の雑誌は、翌朝まで借りることができます。語学雑誌は付録
   のCD(1階に別置)の貸出もしています。
 ・歯学古書
   歯科学分野の貴重な古書です。希望により閲覧できます。

(3階)フロア見取り図へ

●学術雑誌(新着・バックナンバー)
●閲覧席
●二次資料
●利用者用パソコン2台
●コピー機1台

 ・新着雑誌
   最新年度の雑誌を新着雑誌と言い、和・洋別に棚箱に置かれています。棚箱の前面
   に最新号、それ以前のものは棚箱の中に入っています。
 ・バックナンバー
   最新年度以前の雑誌は製本されて、和・洋それぞれの電動書架に置かれています。
   探す時は書架前面の配架リストを参考にしてください。
 ・二次資料
   探したい文献の書誌事項(論題・著者名・巻号年・頁)や、抄録を探すための索引誌・
   抄録誌のことで、著者名やキーワードから探すことができます。


資料の探し方

 図書

 当館では、図書館ホームページの「蔵書検索」で、全ての資料を検索することが出来ます。
 ここで書名や著者名から見たい資料を検索し、分類や書架番号を確認して、実際に該当する
 書架で資料を探してください。
 その時点で貸出中のものは、所蔵情報のところに「貸出中」と表示されます。

 雑誌

 ・書誌事項がわかっている場合
   まず、図書館ホームページの「蔵書検索」で所蔵を確認してください。当館で所蔵してい
   る雑誌の場合、最新年度のものは新着雑誌棚、それ以前のバックナンバーは電動書
   架に配架されています。当館で所蔵していない雑誌の場合、相互貸借によって他の大
   学図書館等から、その文献を取り寄せることが出来ます(実費)。

 ・書誌事項はわからず、特定のキーワードや著者についての文献が欲しい場合
   歯学・医学分野の国内雑誌に掲載された文献の場合は「医中誌WEB」、海外の雑誌に
   掲載された文献の場合は、「EBSCOhost」で調べることが出来ます。
   書誌事項がわかったら、「蔵書検索」で所蔵を確認してください。

  ※電子ジャーナルは、「ジャーナルリンカー」から閲覧できるものを探すことができます。


相互貸借サービス

 当館で所蔵していない資料は、図書館間相互貸借制度により、他の図書館のものを利用
 することができます。

 ・複写
   該当文献の複写物を送ってもらえます。
   各種データベースで文献を検索した際、下記のアイコンをクリックし、冊子所蔵・電子媒体
   ともに見つからなかった場合は、「文献取寄(ILL)を申込む」を選択して必要事項を入力し、
   お申込みください。
                     
   EBSCOhostで検索した文献の申し込みは、「ILL Request」からも申込可能です。
   また、各種データベースで文献が見つからず、直接入力する場合は入力フォーム
   ご利用ください。
   図書館カウンター横にある「相互貸借申込書」にご記入いただく方法もあります。
   通常、2日~2週間で入手できます。
   料金は実費です。(横浜研修センターの方は、給与天引・研究費支払が可能な方以外は
   図書館での受け渡しとなりますので、ご了承ください)

 ・現物借用
   図書の場合は現物の貸出を受けることもできます。(所蔵館によっては不可の場合あり)
   複写の場合と同じように、入力フォームか「相互貸借申込書」に書誌事項をもれなく記入
   して申し込んでください。

 ・閲覧
   他の図書館へ直接行って利用したい場合は紹介状を作成しますので、ご希望の方は
   カウンターにご相談ください。


学内データベース

 学内から利用できるデータベースを簡単に紹介いたします。
 利用の際は、以下の禁止事項を厳守してください。

 <利用の際の禁止事項>
     1.データを第三者に頒布すること
     2.データを商業的に売買すること
     3.データの著作権を侵害すること
     4.ロボットによる大量のダウンロードを行うこと

 
医中誌WEB <同時アクセス数:13>  【検索方法・ヘルプ】
   医学中央雑誌刊行会が提供する国内医学文献の書誌データベース。
   CiNii(サイニイ)やメディカルオンライン、当館の所蔵情報にもリンクしています。

 
CiNii(サイニイ)  【クイックガイド】  ★(医中誌WEBにリンクされています)
   国立情報学研究所(NII)が提供する論文情報ナビゲートツール。
   学会誌が中心で一部フルテキスト閲覧可能です。

 
MedicalFinder  【ヘルプ】    ★(医中誌WEBにリンクされています)
   医学書院ならびに提携するその他の出版社・学会が発行する医学・医療系
   学術雑誌の電子配信サービスです。
   

 
メディカルオンライン  【ヘルプ】    ★(医中誌WEBにリンクされています)
   株式会社メテオが提供する医療関係者のための医療情報の総合Webサイト。
   国内の学会・出版社発行の雑誌に掲載された医学関連分野の文献検索、
   全文閲覧・ダウンロードが可能です。
   また、同サイトから電子書籍「イーブックスライブラリー」も利用できます。

 
最新看護索引Web <同時アクセス数:3 ※横浜不可>  【マニュアル】
                         ★(医中誌WEBにリンクされています)
   
日本看護協会図書館が編集する国内発行の看護文献データベースです。
   「日本看護学会論文集」の本文PDF も閲覧可能です。

 
EBSCOhost  【クイックレファレンスガイド】 【eBook貸出機能利用ガイド】
(MEDLINE Complete/Dentistry & Oral Sciences Source/eBook Collection)

   EBSCO社が提供する学術情報オンライン・データベース。
   当館では、MEDLINE CompleteとDentistry & Oral Science Sourceの2点を導入して
   います。
   収録されているフルテキストのタイトル数が多いのが特徴で、当館の所蔵情報や契約
   している電子ジャーナルにもアクセス可能なほか、相互貸借申込(ILL Request)機能も
   搭載しています。
   ただし、データの更新が多少遅く、PubMedとのタイムラグがあるのが欠点です。
   また、同サイトの「EBSCO eBooks Cllection」から、当館で購入している電子書籍が
   閲覧できます。個人用端末への貸出も可能です。

   ・MEDLINE Complete
       NLM(国立医学図書館)のMEDLINEに医学系重要タイトル約1800誌の全文情
       報を収録したデータベース
   ・Dentistry & Oral Science Source
       歯学系タイトル約130誌の全文情報を収録したデータベース
   ・eBook Collection
       電子書籍の全文の検索・閲覧用コンテンツ

 
PubMed
   NLM(国立医学図書館)内にあるNCBI(国立生物工学情報センター)が無料で提供する
   国外医学・生物学文献の書誌データベース。
   http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?otool=ijpkdclibよりご利用していただくと、
   検索結果に「KDUへのリンク」が表示され、当館の所蔵情報や閲覧可能な電子ジャーナル
   、また相互貸借申込(文献取寄(ILL)を申込む )へのアクセスに便利です。
   学内での通常のご利用はEBSCOhostのMEDLINE Completeをお勧めしますが、
   即時性の点ではPubMedの方が優れていますので、用途に合わせてご利用ください。

 
ScienceDirect  【サポート】          ★(EBSCOhostからアクセス可能です)
   エルゼビア社が提供する電子ジャーナル検索システム。
   エルゼビア社と契約している電子ジャーナルが閲覧できます。

 
Wiley Online Library  【ユーザーガイド】  ★(EBSCOhostからアクセス可能です)
   Wiley社が提供する目次情報、電子ジャーナル検索システム。
   Wiley社と契約している電子ジャーナルが閲覧できます。

 
Scopus  【使い方ガイド】
   エルゼビア社が提供する抄録・引用文献データベース。
   研究・論文執筆、査読、評価・分析、助成金申請など、研究活動に必要な情報収集に
   役立つツールです。
   日本語インターフェースのため、使いやすい仕様になっています。

 
Cochrane Library <同時アクセス数:1 ※横浜不可>  【ユーザーガイド(Wiley提供)】
   コクラン共同計画が提供するEBMの実践に有効なデータベース。
   システマティックレビューのほか、臨床試験や技術評価などの情報も収録しています。

 
JCR(Journal Citation Reports)  【利用ガイド】
   トムソン・ロイター社が提供する引用文献データをもとに学術雑誌の評価を行うデータ
   ベース。
   Impact Factor(文献引用影響率)のほか、Immediacy Index(最新文献指数)、Article
   counts(論文総数)などのデータが収録されています。

 
ESI(Essential Science Indicators)  【利用ガイド】
   トムソン・ロイター社のデータベースから得られる学術論文の出版数と被引用数のデー
   タに基づき、研究業績に関する統計情報と動向データを集積したデータベース。
   研究者、機関、国、ジャーナルのランキング情報を提供する詳細な分析ツールです。

 
聞蔵IIテ キスト <同時アクセス数:1 ※横浜不可>  【使い方】
   朝日新聞の記事データベース。

   
1985年以降の朝日新聞に加えて、週刊朝日、AERA、知恵蔵も検索できます。






ラーニング広場 利用案内

 


HOME
 


ラーニング広場は、快適な利用環境を提供することにより、学生の自学自修活動を活発化させ、主体的な学びへの転換を図ることを目指して設置された施設です。

この施設は、一般的にラーニング・コモンズと呼ばれるものですが、本学では親しみやすい学びの空間となるようにとの願いを込めて「ラーニング広場」と名づけました。

カウンターには、「学習相談」コーナーも設置しています。レポートや論文の書き方、勉強のしかたについての相談など、答えられる範囲でサポートしますので、ぜひお気軽にお声がけください。
 <「学習相談」コーナー開設時間 9:00-17:00>


■ 場所

 4号館地下1階

■ 開館時間

 月曜日~金曜日 9:00~21:00
 *原則として、大学図書館と同じです。
 *各季休暇中および臨時の変更についてはそのつど掲示します。

■ 休館日

 土曜日・日曜日・祝祭日
 *原則として、大学図書館と同じです。
 *各季休暇中および臨時の閉館についてはそのつど掲示します。

■ 利用資格

 本学学生および教職員

■ 利用方法

 広場内には下記の5つのエリアがあり、通常は自由に利用できます。

 ※授業・ゼミ、研修会等で利用できない時間やエリアが発生する場合があります。
   予約状況の確認は、下記をご覧ください。

        ラーニング広場 (注:学内のみ閲覧可能



1)個人エリア(24席)
個人の学修・研究に利用できます。国家試験関連図書や参考書(禁帯出)も揃えてあります。

    

2)グループエリア(95席)
グループでの学修・研究に利用できます。机・椅子・ホワイトボードは可動式ですので、自由にレイアウトを変えられます。
大型ディスカッションディスプレイ2台、スクリーン・プロジェクター各1台、ノートパソコン2台も利用できます。貸出をご希望の場合は、カウンターまでお申し出ください。
※貸出の際は、学生証または図書館利用カードが必要です。

     

3)相談エリア(2グループ 各2席)
教員と学生との面談、相談などに利用できます。マッフル(吸音パーティション)で個別に分けることも可能です。

    

4)検索エリア(固定デスクトップPC5台、5席):Windows 10、Office 2013
文献などの情報検索が行えます。

 

5)印刷エリア
モノクロプリンタとカラー対応コピー機を設置しています。
コピー機は有料(1枚:カラー50円/モノクロ10円)です。両面コピーのほか、2in1コピーもできます。

 

  

■ 利用にあたってのお願い

 ❢ディスカッションの場としてもご利用いただけますが、他の利用者への配慮もお願いします。
    (大声で騒ぐ、大音量での視聴覚機器の利用等はご遠慮ください)
 ❢飲食禁止です。
    (ふた付き容器の飲み物はOKですが、飲むとき以外はふたを閉めてください)
 ❢利用した机・椅子の整理整頓にご協力お願いします。
    (ホワイトボードを使用した際は、必ず消してください)
 ❢荷物を置いたままの長時間の離席はご遠慮ください。
    (貴重品は必ず携帯してください)



※ラーニング広場は、文部科学省平成25年度「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」に
 採択され、 整備された施設です。




横浜分室 利用案内

 


HOME

 


横浜分室は、横浜キャンパスの大学院生および教職員のための専門図書室です。

■ 場所

 横浜研修センター 6階

■ 開室時間

 月曜日~土曜日 8:00~20:00
 *臨時の変更についてはそのつど掲示します。

■ 休室日

 日曜日・祝祭日
 *臨時の閉室についてはそのつど掲示します。

■ 利用資格

 本学大学院生および教職員

■ 利用方法

 室内の資料は自由に手に取って利用できます。
 分室の資料は原則館内利用となります。
 貸出希望の場合は、事務部にお問い合わせください。

■ 複写機

 分室の資料に限り、著作権法の範囲内で複写することができます。
 利用の際は、備付の「複写申込用紙」に必要事項を記入してください。

 ※著作権法の範囲内
  1.著作物は全部ではなく一部であること
  2.定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部であるが、発行後相当
    の期間を経たもの(次号が既刊となったもの、または発行後3ヶ月を経たもの、等)
    に限ること
  3.コピーの部数は一人について一部のみであること
  4.利用者の調査研究のためであること
  5.有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと

 分室の複写機はネットワークプリンタとしても利用できます。
 プリンタとしてのご利用の際は、「複写申込用紙」への記入は必要ありません。

■ 図書貸出配送サービス(横須賀⇒横浜)

 図書館(横須賀)の図書は、図書貸出配送サービスを利用して借りることができます。
 通常は週2回のメール便で配送しますが、お急ぎの場合はゆうパックでの配送も行っています。
 お申し込みは図書館ホームページの「横浜研修センター用 図書貸出/資料複写申込み」フォームを
 ご利用ください。

■ 文献複写配送サービス(横須賀⇒横浜)

 図書館(横須賀)で所蔵している雑誌の文献を複写してメール便で配送するサービスを
 利用することができます。
 料金は、白黒1枚10円、カラー1枚50円です。
 お支払いは給与天引、または研究費支払のみとなりますので、ご注意ください。
  (給与天引・研究費支払が可能な方以外は、図書館での受け渡しとなります)
 通常は週2回のメール便で配送しますが、お急ぎの場合はFAX送信も行っています。

 ※著作権の範囲内でのサービスとなります。(最新号は複写できません)

 お申し込みは図書館ホームページの「横浜研修センター用 図書貸出/資料複写申込み」フォームを
 ご利用ください。
 また、下記の方法でもお申込みできます。

 <申込方法>

  1.医中誌WEBMEDLINEで文献を検索し、「ジャーナルリンカー」のアイコンを押す
  2.冊子体の所蔵がヒットした場合は、「収録範囲」をコピーしてから「文献複写(ILL)を
     申込む」を押す
  3.必要事項を記入する
  4.備考欄に「収録範囲」を貼り付け、「送信する」ボタンを押す
    (研究費支払いの場合は「研究費(分野名)」も記入する)

   →詳しい手順(Word)

  ※各種データベースにない文献、ジャーナルリンカーとリンクしていない場合は、
   入力フォームに直接入力してください。