診療科のご案内

小児歯科

診療内容の概要

PHOTO 成長期に口の機能は、ただ単に栄養摂取だけではなく、食物を咀嚼するための顎の運動や発音機能の獲得に必要です。小児期の口の機能が正常に発達しないと歯並びや咬み合わせの異常を招きます。小児歯科では乳児から成人に至るまでの成長発育期にある小児を対象とし、その歯科疾患のすべてに対して総合的に診断し予防や治療を行い、健康的な永久歯列を育むことを目的にしています。むし歯の治療と予防から咬み合わせの治療に至るまで小児期の歯科におけるあらゆる処置を手がけるとともに、治療終了後の定期管理も行っています。

特徴・特色

担当医を決め、お子さんにあった対応をしながら治療を行います。怖がりのお子さんには、必要であれば笑気吸入鎮静法を併用して治療を行います。お子さんの年齢が小さい場合でも対応しています。歯並びの悪いお子さんには咬合誘導(歯並びや咬み合わせの治療)を行います。舌の動きが悪いお子さんには筋機能療法(口の周りの筋肉や舌の運動のトレーニング)を行います。衛生士による歯ブラシ指導を行います。

主な対象疾患・治療項目

  • むし歯の治療および予防
  • 歯肉炎、口唇、舌などの異常(歯茎が腫れた、唇にできものができた、べロが変など)
  • 外傷(歯をぶつけた、抜けた、グラグラした、折れてしまったなど)
  • 歯の数の異常(過剰歯、先天性欠如など)
  • 歯並びの異常(歯が生えてこない、かみ合わせが悪い、受け口など)
歯並びの治療(ほぼ1か月に1度の来院で治療できます。)
乳歯列期(3~6歳ころ)
PHOTO
術前
PHOTO
術前
混合歯列期(6~12歳ころ):
学童期の治療
PHOTO
術前(7歳)
治療開始(7~8歳ころ):
歯並びの部分を拡大します。
(3~6か月間)
PHOTO
8歳ころに部分的な固定式装置を付けて、
前歯(永久歯)の歯並びを改善します。
(3~6か月間)
PHOTO
PHOTO
治療前後の石膏模型
治療後は永久歯が生えそろい、
咬み合わせが安定するまで
定期的に健診します。
(17~18歳ころまで)
PHOTO

*歯並び、咬み合わせの治療につきましては、歯や顎の大きさ、さらに骨格の検査が必要になります。詳細につきましてはご相談ください。

診療日時のご案内

小児歯科では、すべて予約制をとらせていただいております。
お手数ではございますが、必ず電話などで予約をお取りいただくようお願い申し上げます。

また、暴れたりたくさん泣かれることが予想される場合には、汗を拭くバスタオルとハンドタオルをご持参いただくようお願い申し上げます。

午前
午後

受付時間

初診と再診で受付時間が異なります。ご注意ください。

初診受付

8:50~11:30 / 13:00~16:00

再診受付

8:50~16:30

受付連絡先

TEL 046-822-8886(直通)

スタッフ

医師名 役職 専門分野・所属学会など
木本 茂成 診療科長
教授
公益社団法人日本小児歯科学会専門医・指導医
一般社団法人日本障害者歯科学会
横山 三菜 講師 公益社団法人日本小児歯科学会専門医
一般社団法人日本外傷歯学会
井上 吉登 講師 公益社団法人日本小児歯科学会専門医
一般社団法人日本障害者歯科学会認定医
公益社団法人日本矯正歯科学会
浅里 仁 講師 公益社団法人日本小児歯科学会専門医・指導医
一般社団法人日本障害者歯科学会認定医
日本スポーツ歯科医学会
保田 将史 助教 公益社団法人日本小児歯科学会専門医
大久保 孝一郎 助教 公益社団法人日本小児歯科学会専門医
藤田 茉衣子 助手 公益社団法人日本小児歯科学会

フロアガイド

2F

MAP
PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学附属病院 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University Hospital. All Rights Reserved.