大学紹介

大学の理念・精神

建学の精神

全てのものに対する慈しみの心と生命を大切にする
「愛の精神」の実践即ち生命に対する畏敬の念

教育理念

歯科医師としての熟練と人間としての優しさを身につけるために、
学をまなび、技を習い、人を識る愛の教育

教育目的

学則第一条(目的・使命)に「教育基本法の精神に基づき、高き人格と豊かな見識を養い、かつ歯科医学に関する高度の学術理論及び 技術を教授・研究し、有能な歯科医師を育成することを目的とし、もって文化の向上と社会福祉の増進に貢献することを使命とする」と明記されている。 「愛の精神」の実践という本学の理念に基づき、社会における大学としての使命を果たし、確固たる地位を得るべく、歯科大学としてのそれぞれの 活動において以下の目的を掲げている。

1.教育

歯科保健医療を通して社会に役立つことにより有意義な人生を送りたいという願いを持つ若者をあらゆる面から 支援し、歯科医療に必要なコンピテンシーを獲得できる学習者中心の教育を提供することによって、我が国における歯科大学の範となる。

2.研究

独創的で信頼性の高い歯科医学研究を推進することによって、歯科医学の進歩に貢献し、国際的に高い 評価を得、歯科医学アカデミズムに おいて確固たる地位を確立する。

3.診療

最新の歯科医学の知識及び技能による最善の診療を提供することによって、地域の医療ニーズに応えるとともに、 高度先進医療を広く提供し、社会において必須の医療機関を構築する。

4.社会的活動

歯科医学知識の普及を図り、エキスパートとして社会に助言を与えることによって、より良い社会の形成に貢献し、 高い社会的評価を得る。

教育目標

  1. 幅広い教養を身につけ、歯科医師としての豊かな人間性とコミュニケーション能力を培う。
  2. 科学的探究心を持ち、自ら問題を発見し、解決する能力を身につける。
  3. 口腔領域の疾患を全身との関連で理解し、その予防、診断、治療に応用できる知識と技術を修得する。
  4. 歯科医学の最新知識を生涯学び続ける能力を持った歯科医師を育成する。
  5. 歯科保健医療を通じて、国民の健康増進、国際社会に貢献できる歯科医師を育成する。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

  1. 人の痛みや苦しみを理解できる豊かな人間性と思いやりのある人
  2. 歯科医学·歯科医療に興味を持ち、それを十分に習得できる基礎学力のある人
  3. 自ら新しい課題に意欲的に取り組み、真理追求に対し積極性のある人
  4. 歯科医療を通して国民の健康維持・増進に貢献する意欲のある人

入学を希望する人は、高等学校において英語、数学、理科、国語を中心とした基礎学力を身につけておいてください。したがって入試選抜においては、特別選抜(AO、推薦等)では基礎学力試験による能力評価を行います。一般選抜では、1)コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、2)数学Ⅰ・Ⅱ、3)理科系科目(①物理基礎、物理、②化学基礎、化学、③生物基礎、生物、のうちの1科目)4)国語総合(近代以降の文章)のうち2教科の能力評価を行います。さらに医療人として必要な基本的コミュニケーション能力や自己表現力、将来性、人間性について、小論文や面接等により評価します。
入学時に求められる能力は入学後の歯科医学を学修するために必要なものです。

カリキュラムポリシー(教育課程方針)

学位授与の方針に掲げる知識、技能、態度などを修得させるための教養系科目、専門教育系科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講する。

  1. 幅広い知識と教養、コミュニケーション能力、国際性を培うための教育課程を編成し実施する。
  2. 社会の変化に対応し、科学的探求心をもち自己学修と生涯学修を継続するための教育課程を編成し実施する。
  3. 歯科医師となる上での高度な基礎医学知識、歯科臨床能力を育成するための教育課程を編成し実施する。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

  1. 社会人としての必要な知識と教養、人を尊重し豊かな愛情を持ち、国際化に対応できる能力を有する。
    • 基本的な知識と教養を有する。
    • 人間関係を円滑に行うためのコミュニケーション能力を有する。
    • 人としての高い倫理観と社会的責任感を有する。
  2. 医療人としての問題発見と解決能力を有する。
    • 生涯学習に取り組む必要性と方法を理解している。
    • 適切に情報収集し、批判的思考と科学的情報に基づく評価能力を有する。
    • 医療に対する社会的ニーズを認識し、広く社会に貢献できる能力を有する。
  3. 歯科医師に必要な基礎医学と臨床歯学を体系的に理解し、高度な専門的学識を展開できる能力を有する。
    • 歯科医師国家試験に求められる必要な専門的な知識を有する。
    • 科学的根拠に基づいた歯科医療の技術を有する。
    • 状況に応じた適切な歯科医療を実践できる能力を有する。

アセスメントポリシー

神奈川歯科大学では、教育理念である『歯科医師としての熟練と人間としての優しさを身につけるために、学をまなび、技を習い、人を識る愛の教育』が実践されているか、またその教育が成果を収めているか検証のために学修成果を測定・評価します。これにより教育成果が可視化され、教育の改善に取り組むことができます。

検証は、学生の入学前から卒業後までを視野に入れ、大学・学科レベル及びモジュールレベル(個々の科目)という2つのレベルにおいて、多面的な観点から直接的、間接的に行います。検証の指標はそれぞれ次のとおりです。

検証の指標

入学時 在学中 卒業時、卒業後
入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)に適う人材が入学しているかどうかの検証 教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に則って学修が 進められているかどうかの検証、及び入学者選抜の方針が妥当であるかの検証 ディプロマ・ポリシーを満たす人材になったかどうかの検証、及び教育編成の方針が妥当であるかの検証
大学、学科レベル
  • 入学前学修への取り組み
  • 各種入学試験
  • 成績分布状況
  • 外国人留学生比率
  • 各学年の進級要件
  • 病院実習評価
  • GPA
  • 成績分布状況
  • 進級率
  • 留年者率(数)
  • 休学者数
  • 退学者数
  • 総合試験評価
  • 共用試験評価(CBT,OSCE)
  • 臨床座学試験評価
  • 医歯薬連携演習試験評価
  • 学修行動アンケート
  • 特待生規定
  • 卒業認定要件
  • 病院実習評価
  • 学位授与率(数)
  • 国試合格率(数)
  • 最低修業年限での国試合格率
  • マッチング率
  • 週末確認試験評価
  • 認定試験評価
  • 最終試験評価
  • (臨床能力試験(一斉技能試験))
  • 卒業生アンケート調査
  • 研修先へのアンケート調査
モジュールレベル
(科目レベル)
  • プレースメントテスト
  • 日本語能力試験(JLPT)
  • 日本留学試験
  • モジュール毎の成績評価
    知識領域:モジュール試験評価
    技能領域:実技評価
    態度領域:業務現場評価、ポートフォリオ
  • GP
  • 出席率
  • 成績分布状況
  • 学習状況調査
  • 授業評価アンケート
  • 病院実習評価

本学歯学部では、DP・CPにより定められた学位プログラム教育の学修成果を上記指標を基に以下の指針に則って評価します。

  1. 1年次から3年次において、当該年度履修すべき5ステージでの知識評価は、各モジュール毎の成績評価(水準、評価方法はシラバス記載)、学年末の総合試験、さらには学年GPAを用いて学習成果を検証します。
  2. 4年次においては共用試験(CBT、OSCE)の評価を、学年末の評価に充てます。
  3. 5、6年次では、臨床座学試験、認定試験により知識評価を行うと共に、技能、態度(倫理)の評価を業務現場で評価します。
  4. 6年次では、最終試験を行い卒業認定の評価を行います。
  5. 知識評価は筆記試験、口頭試問を行い、数値化して達成度を評価します。実習での実技評価や態度評価は、評価シート、チックリスト、ルーブリック、ポートフォリオ等を用い可及的に数値化を行い達成度を評価します。
  6. 評価方法の選定と合否基準には、その妥当性、客観性を各モジュールのユニット責任者、モジュール責任者、ユニット担当者で定期的に見直しを行い、次年度開始時に学生、教員にシラバスで提示します。
  7. 医学教育における順次性を考慮し、カリキュラムポリシーの内容と方法を評価します。
  8. 検証、測定可能な指標を用いて3ポリシーの再検討を行います。
PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.