大学紹介

社会貢献活動等

NPO法人神奈川歯科大学 南東アジア支援団(KDU-SAS)による活動

PHOTOKDU-SASは2005年より、タイ、フィリピン、ラオス、カンボジア、ベトナムの南東アジア地域で活動・調査を行ってきました。その後、2013年よりミャンマー連邦共和国で視察・調査を開始し、現在ミャンマーでの歯科医療活動およびヤンゴン歯科大学との学術交流、歯科医療関係者との交流を進めています。また、タイ・プーケットにおいて2006年より開始して歯科健診活動も継続して実施しています。特に国が改革により外国との交流を積極的に遂行するミャンマーにおいては、民間の交流が盛んに行われ、私達医療人もその一環として歯科医療関係者とボランティア歯科医療活動を通して親睦を深めてきました。現地では口腔衛生の維持・向上を必要とする人々が多く活動を通して国際交流を行っています。

PHOTO PHOTO

KDU-SASについて詳しくはこちらをご覧ください。

法医学による社会貢献

PHOTO歯科法医学は身元確認の方法や身体の傷の診断を行う学問です。歯は身体の中で最も硬い臓器なので焼けても最後まで残ります。焼死体の身元確認は歯の所見で行いますが、その鑑定を行うのは法医学の知識をもった歯科医師です。
また、社会問題になっている子どもへの虐待は、歯の破折の他、顔や耳などに痣や火傷があることが多くあります。
歯科医師が法医学的知識を持っていればそれらを虐待の前兆として判断できるため虐待の早期発見が可能となります。

神奈川歯科大学資料館~人体と標本と100年史~

PHOTO2013年5月に神奈川歯科大学の歴史を知っていただくとともに、次の世代から尊敬の念をもって語られる歴史を築いていく礎となることを目的にオープンしました。館内は歴史資料室と人体標本室から構成されており、特に標本室は数と質では日本一を誇ります。入館は事前の申し込みが必要で医療従事者および医療を志す者に限っており、オープンキャンパスの際に入場することが可能です。

PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.