進路・就職

大学院

社会構造の変化に伴う研究課題の高度化や国際化に対応するため、大学院への期待は高まっています。大学院歯学研究科では、高度な知識と高い専門性を備えた、歯科医学の研究・教育における指導者を養成します。

基礎、臨床、社会歯科学を統合して研究・教育分野のリーダーを育成

PHOTO

1975年に開設された大学院歯学研究科は歯科医学をリードする最先端の研究をめざして人材を輩出してきました。
基礎および臨床、社会歯科学を統合し、独創的な発想、論理的思考、旺盛な研究心を備えた歯科医学の研究および教育における指導者の育成が歯学研究科の目標です。
社会構造の変化に伴い、研究課題もより高度な世界水準のテーマが要求されます。次世代の歯科医学を担う若い意欲的な人材により、柔軟な発想と積極的な行動力で将来の歯科医学の発展に貢献する高度な研究を推進していきます。

教育コース

歯学研究者・教育者養成コース

歯科医学研究・教育の高度化を担う深い研究能力・教育能力を備えた研究教育者を育成し、歯学界のリーダーとなりうる人材を養成する。

高度先進臨床歯科医養成コース

高度先進歯科医療を担う高い臨床能力と自立した臨床研究能力を備えた歯科医師を育成すると同時に、各専門領域における認定医・専門医の資格取得に必要な教育を行い、歯学界の臨床においてリーダーとなりうる人材を養成する。

高度診療協力専門職養成コース

高度化したチーム医療を担うために必要な深い研究能力と高い専門性を備えた医療職を育成し、医療界のリーダーとなりうる人材を養成する。また、本コースでは歯科衛生士、歯科技工士だけでなく、歯科医療の高度化に伴い各種医療職とのチーム医療が重要となっていることから、看護師、臨床検査技師、理学療法士、薬剤師、栄養士、放射線技師、あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅう師、柔道整復師、言語聴覚士、臨床工学技士、義肢装具士など、広く人材を求める。

大学院生インタビュー

この研究が未来の歯周病予防につながる

PHOTO

もともと父が歯科医師ということもあり、高校生の頃から、歯科医院でお手伝いをしていました。その後、神奈川歯科大学で歯学の理解が深まると、そのおもしろさに気づき、大学院進学を考えるように。臨床研修の際、歯周病の研究をされている先生からお話を聞いたことをきっかけに、歯周病のメカニズムの研究に携わりたい、と思うようになりました。

今研究しているのは、歯周病細菌の表面に見られる「線毛」についてです。ヒトの口の中には、常に 8,000種に及ぶ細菌がいます。線毛の役割は、それらの細菌を口腔内の上皮細胞に定着させること。この“くっつく仕組み”を解明することで定着を妨げる、つまり歯周病を防ぐことができるのではないか、と考えています。

高齢化社会において、歯周病予防・治療は大変意義のあることです。世界中で、まだだれにも解明されていないことを解明し、診療に役立てる。そんな未来を目標としています。

佐々木 悠さん
2011年3月神奈川歯科大学卒業
神奈川歯科大学大学院歯学研究者・教育者養成コース
専攻:微生物感染学講座
(東京・私立相模女子大学高等部出身)

PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.