キャンパスライフ

6年生

まず必要なのは知識患者さんの訴えを引き出す歯科医師になりたい

PHOTO 本間 優太さん
神奈川県立逗子高等学校 出身

父親が歯科医師だったこともあって、小学生のときにはすでに歯科医師を目指していました。将来は、父のような、患者さんの訴えたいことを自然に引き出すことのできる歯科医師になりたいと思っています。
低学年のときの座学だけではわからなかったところが、臨床実習などで理解できるようになってきました。臨床実習では、教科書の治療のセオリーどおりにいくとはかぎりません。そこが難しさですが、実際に目で見たり、手を動かしたりすることで、記憶に残りやすく、深い学びにつながっています。今は6年生になり、「臨床実習Ⅱ」で6年間の総まとめをしているところです。同時に、国家試験に向けて知識の整理をするのにも役立っており、試験の傾向に合った講義を受けることで、確実に理解を深めていっています。目指す歯科医師に近づくにはコミュニケーション能力が必要ですが、まずは知識が大切だと思うので、しっかり勉強して、卒業までに必要な知識を身に付けていきたいです。

StageⅢ
9:00-10:30 臨床実習Ⅱ 臨床実習Ⅱ 臨床実習Ⅱ 臨床実習Ⅱ 確認試験
10:40-12:10
13:10-14:40
グループ学習
14:50-16:20
16:30-18:00

● 臨床実習Ⅱ(神歯大固有科目系)

PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.