情報公開

実験動物施設組織(ALC)

はじめに

動物実験は、医学、生物の研究を支える重要な手段であり、そこで得られた知識を基にして、人類及び動物の福祉・保健に寄与するところ大である。

こうした動物実験は、自然科学における研究の一般原則に従い、再現性が得られるような科学的配慮はもとより、動物福祉の観点からも適正な方法をもってなされるべきである。

動物実験の場においても、動物の生命を尊重し、動物に可能な限り苦痛を与えないよう措置することによってなお所期の成果は期待しうるものである。

このような動物への配慮は、すでに「動物の保護及び管理に関する法律」及び「実験動物の飼養及び保管等に関する基準」に明示されているところであって、科学的な研究の必要性と矛盾するものではなく動物実験を行う上できわめて肝要なことであると考えられる。

神奈川歯科大学は、本学研究者によって行われる動物実験がこれらの基本的要件を満たすものでなければならないとの認識にたち、動物実験の指針を定めている。

PAGE TOP
  • 神奈川歯科大学関連施設
  • 神奈川歯科大学附属病院
  • 神奈川歯科大学附属横浜クリニック
  • 神奈川歯科大学図書館
  • 神奈川歯科大学資料館
  • 神奈川歯科大学神奈川剖検センター
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

学校法人神奈川歯科大学 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.