歯科衛生学科

歯科衛生士の仕事について

歯科衛生士は歯科医師とともに歯科医療、歯科保健指導を行う国家資格の専門職です。
医療従事者の中では比較的定時勤務が可能で不規則な夜勤などはありません。そのため結婚して子どもができても仕事を続けやすく、経験者への求人数も多いので長く臨床の場で活躍できます。
国家試験合格率や求人率が高いのも魅力です。

歯科衛生士の3大業務

仕事の内容は、次の三つの業務が法律に定められており、それぞれに専門性の高い知識・技術を必要とします。

1.歯科予防処置

PHOTO

歯周病予防のためにプラークや歯石を除去し、器械を使って歯のクリーニングをします。
むし歯予防のための検査や、薬を塗布します。

2.歯科診療補助

PHOTO

安全な診療のために環境を整備したり、患者さんと直接対面して診療補助を行います。
また歯科医師が円滑に診療を進めるための介助も行います。

3.歯科保健指導

PHOTO

口腔の健康を維持するために、個人や集団(保健センター、小学校など)に対して専門的な立場から適切な助言や支援を行います。


+ 歯科介護
歯科医師と共に在宅や施設などでの歯科保健医療サービスを担当。お年寄りや障害を持つ方のお口のサポートします。

※これらは全て医療行為にあたるため歯科助手にはできません。

活躍できるフィールド

歯科診療所、保健所、病院、介護保健施設、市町村保健センター、歯科衛生士学校、歯科機器メーカー  など

PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学短期大学部 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.