歯科衛生学科

カリキュラム

歯科衛生士になるための基礎知識と技術、高度な専門技術も丁寧に指導します。

3年間の流れ

1年生:歯科衛生士の基本的素養を身につける

「基礎分野」では、導入教育を受けるほか、科学的思考の基礎、患者・地域住民・他医療職とのコミュニケーションとチームワークを図るための知識や技術を修得。「専門基礎分野」では、歯科衛生士としての基礎的知識を学びます。また、「専門分野」では歯科衛生士概論をはじめ、チーム医療に必要な知識も身につけます。

2年生:歯科衛生士の専門知識を身につける

「基礎分野」では、歯科治療の全体の理解や、歯科予防処置業務を充実させるための知識を深めます。また、患者や地域住民の健康維持・増進・障がい者・要介護者の歯科保健を支援するための知識・技術なども身につけます。さらに、臨床実習が始まり、実践的な技術を修得する機会も増えてきます。

3年生:歯科衛生士の実践的知識・技術を身につける

歯科医療の現場と連携しながら、実践的な技術を身につけるための演習・実習を中心としたカリキュラムです。臨床実習と臨地実習では「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」という大きく3つに分けられる歯科衛生士の業務に対する理解を深め、姿勢を学び、技術を磨きます。また、選択必修として手話や保険請求事務などの科目も開講されています。

2016年度 カリキュラム一覧(全授業科目)

● 選択科目

基礎分野

1年生 2年生 3年生
導入科目 スタートアップセミナー
科学的思考の基盤 化学
生物学
人間と生活 英語Ⅰ
海外事情Ⅰ〈欧米〉
海外事情Ⅱ〈アジア〉
発達心理学
コミュニケーション論〈含、実習〉
心理学
英語Ⅱ〈医用英語〉
海外事情Ⅰ〈欧米〉
海外事情Ⅱ〈アジア〉
英語Ⅲ〈英会話〉

専門基礎分野

1年生 2年生 3年生
人体の構造と機能 解剖学〈人体の構造〉
組織発生学
歯・口腔の
構造と機能
口腔解剖学
生理学〈含、口腔生理学〉
生化学〈含、口腔生化学〉
疾病の成り立ち
及び
回復過程の促進
微生物学〈含、免疫学〉
病理学〈含、口腔病理学〉
薬理学
歯・口腔の健康と
予防に関わる人間と
社会の仕組み
口腔衛生学Ⅰ 衛生学・公衆衛生学
口腔衛生学Ⅱ〈含、歯科衛生統計〉
衛生行政・社会福祉行政
介護技術〈含、口腔リハビリテーション〉
小児保健
歯科衛生士概論 歯科衛生士概論

専門分野

1年生 2年生 3年生
臨床歯科医学 歯科臨床概論〈含、医学概論〉
成人歯科学Ⅰ〈歯周〉
成人歯科学Ⅱ〈修復・歯内〉
成人歯科学Ⅲ〈補綴〉
成人歯科学Ⅳ〈高齢者歯科、先端医療〉
成人歯科学Ⅴ〈障害者歯科、先端医療〉
小児歯科学
歯科矯正学
口腔外科学〈含、麻酔学〉
歯科予防処置論 歯科予防処置論
歯科予防処置歯周病予防Ⅰ
歯科予防処置歯周病予防Ⅱ
歯科予防処置歯周病予防Ⅲ
歯科予防処置う蝕予防処置法
口腔保健管理法
歯科保健指導論 歯科保健指導論Ⅰ
栄養指導Ⅰ
歯科保健指導論Ⅱ
栄養指導Ⅱ
歯科保健指導論Ⅲ
歯科診療補助論 歯科診療補助論Ⅰ〈診療室管理・感染予防〉
歯科診療補助論Ⅱ
歯科診療補助論Ⅲ〈歯科材料〉
歯科診療補助論Ⅳ
歯科放射線・臨床検査学
臨地実習
(含、臨床実習)
臨床実習Ⅰ-1〈附属病院・歯科診療所〉 臨床実習Ⅰ-2〈附属病院・歯科診療所〉
臨床実習Ⅱ〈総合歯科〉
臨床実習Ⅲ〈総合実習〉
臨地実習Ⅰ〈教育施設〉
臨地実習Ⅱ〈福祉施設〉

選択必修分野

1年生 2年生 3年生
卒業研究分野 臨床基礎統合ゼミ
テーマ研究
基礎分野 健康とスポーツ
情報リテラシー
社会福祉論・ボランティア論 手話
専門分野 医療倫理学 看護学概論 保険請求事務
健康教育論

※カリキュラムは以後変更されることがあります。

※カリキュラムの詳しい内容はシラバスに掲載いたします。

※本学を卒業するためには、3年以上在学し、97単位以上を修得しなければなりません。

Pick up授業

PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学短期大学部 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82番地

Copyright © Kanagawa Dental University. All Rights Reserved.